ここから本文です

ソフトバンク、28イニングぶりの得点で連敗4で止める V打の内川「いつも以上に緊張した」

デイリースポーツ 7月6日(水)21時49分配信

 「オリックス2-5ソフトバンク」(6日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクが連敗を4で止めた。

 この日、1番に松田を起用するなど打線を組み替えたソフトバンクは初回、2四球で1死一、二塁とすると、内川が先制の中前適時打。さらに続く中村晃、吉村にも連続タイムリーが飛び出し、計3点。3試合連続完封負けで、続いていた無得点イニングも27で止めた。

 七回には松田の二塁打をきっかけに加点。八回も相手のミスで1点を奪い、オリックスを振り切った。先発の千賀が七回途中6安打2失点9三振の力投で無傷の7連勝を飾った。

 チームに28イニングぶりの得点をもたらした内川はヒーローインタビューで「3試合連続完封の中の1打席目のチャンスだったので、いつも以上に緊張しました。最初のチャンスでどうにかしたいなと思ってましたんで、最高の結果になってよかったなと思いました」と安どの表情を見せていた。

 オリックスは先発・東明の初回の乱調が響き、連勝は2でストップした。

最終更新:7月6日(水)22時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。