ここから本文です

漫才劇場の夏フェスに新ネタバトルユニット編や木崎フェス、ビフケ近藤企画

お笑いナタリー 7月6日(水)20時43分配信

8月27日(土)に大阪・よしもと漫才劇場、YES THEATER、NSC大阪校の教室を舞台に展開されるサーキットイベント「サマクロ」のプログラム第1弾が発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「サマクロ」は漫才劇場所属の芸人150人以上が3会場でさまざまなライブを実施する笑いの祭典。気軽にいくつものライブを楽しめるようにと各プログラムの上演時間を45分に設定し、漫才劇場で人気を集めているユニットライブのほか、今回限りの特別公演も企画する。

今回の発表で明らかとなったプログラムは3つ。ダブルアートを中心とした新ネタバトルライブ「バチボコ!! 」はユニット編として、通常のコンビではなくユニットネタで競われる。何も知らないゲスト4人を舞台に放り込み、すべてアドリブで対処させる舞台「ビーフケーキ近藤企画」は「Yもと漫才劇場」と題して上演。「祇園木崎 presents KIZAKI-POP Fes」も行われ、祇園・木崎は「木崎の木崎によるキザキストのためのエンターテイメントショー。木崎が最高で忘れられない夏にしてやるよ!」とコメントしている。

「サマクロ」のチケットは7月9日(土)10時に発売。500円安くオフィシャルTシャツが手に入る前売り券も用意される。Tシャツは当日、受付カウンターにてチケットと交換。

サマクロ
日時:2016年8月27日(土)11:45開場 12:00開演会場:大阪・よしもと漫才劇場 / YES THEATER / NSC教室料金:前売3900円 当日4500円(ともに自由席)チケットよしもと(Yコード:503740)にて販売。

最終更新:7月6日(水)20時43分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。