ここから本文です

排気で掃除する「風神」に新型――エアブローを約2.6倍に強化

ITmedia LifeStyle 7月6日(水)23時13分配信

 三菱電機は7月6日、サイクロン式掃除機「風神」の新製品として、「TC-ZXFシリーズ」の2モデルを発表した。掃除機の排気を利用してゴミを吹き飛ばす「エアブロー機能」を強化した。

「TC-ZXF20P」はメタリックブルー

 上位機「TC-ZXF30P」はブラウンゴールドとシャインレッドの2色で、エアブロー機能や”アレルパンチふろんクリーンブラシ”などを省いた下位モデル「TC-ZXF20P」はメタリックブルーのみ。いずれも8月1日に発売する予定だ。店頭では「TC-ZXF30P」が8万3000円前後、「TC-ZXF20P」は6万3000円前後になる見込みだ(どちらも税別)。

 2015年発売の「TC-ZXEシリーズ」のそれぞれ「TC-ZXE30P」と「TC-ZXE20P」の後継モデル。上位機「TC-ZXF30P」では、新開発した2種類のノズル採用し、きれいな排気でごみを吹き飛ばして掃除する「エアブロー機能」を強化したのが特徴だ。具体的には、新型「エアブローノズル(幅広)」を用いてノズル先端から約50cm先の吹き出し風の幅を、従来比の約2.6倍(TC-ZXE30Pとの比較)へ拡大した。玄関やベランダの掃除機で吸いにくい砂埃や落ち葉などを手早く吹き飛ばして掃除できるという。

 本体サイズは共通で、223(幅)×333(奥行き)×270(高さ)mm、重量はTC-ZXF30Pが4.5kg、TC-ZXF20Pは4.4kg。お手入れブラシが付属し、上位モデルにはさらに、2WAYロングノズル、アレルパンチふとんクリーンブラシ、エアブローノズルなどが備わる。

最終更新:7月6日(水)23時13分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]