ここから本文です

広島・石原、先制点献上の捕逸を猛省「捕らなければ」

デイリースポーツ 7月6日(水)22時18分配信

 「中日4-1広島」(6日、石川県立野球場)

 広島・石原慶幸捕手(36)が、先制点を許した捕逸を猛省した。

【写真】黒田、二回にパスボールで先制点許す

 二回、2死三塁の場面。黒田の投じた変化球を捕球できず、後ろにそらした。その間に、中日の三走・ナニータが本塁を陥れ先制点を献上した。「捕らなければいけない球。僕のミスです」と悔しさをにじませた。

 黒田が日米通算200勝に王手を懸け臨んだ試合。「調子自体はよかった。勝ちをつけることができなくて申し訳ないです」と、女房役は反省の言葉を連ねた。

最終更新:7月6日(水)22時27分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報