ここから本文です

荻上チキ氏 ラジオで不倫「二重生活」を告白

デイリースポーツ 7月6日(水)22時41分配信

 評論家、ラジオパーソナリティーの荻上チキ氏(34)が6日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「Session-22」(月~金、後10時)で、7日発売の週刊誌「週刊文春」に自身の夫婦間の問題について記事が掲載されると明かし、事情を説明するとともに「浅はかだった」と話した。

 妻帯者の荻上氏は番組の冒頭で「私のプライベートの記事が掲載されます」と切り出し、文春の記事の要旨を説明した。妻とは別の女性に「好意」を持ち、15年に妻との離婚の協議を進めていたことを告白した。

 「妻と別居をして、家事や子供の世話をする。寝泊りや仕事は別の家で行うという二重生活を続けていました」と別居生活をしていたと振り返り、家族とは別に「女性と生活を始めました」と不倫を明かした。

 しかし、離婚協議を進めるうちに、「(離婚後に)子どもと会うことが難しくなる」(荻上氏)ことが「耐えられない」と感じるようになり、また「長年連れ添ってきた妻と別れることにも大きな葛藤」があったため、女性との交際を解消。現在は、妻と今後のあり方について話し合いを進めていると報告した。

 「週刊文春」の記事について、妻や女性についての記述に事実と異なる点があると荻上氏は指摘しながらも、「私の浅はかさが引き起こしたことにはかわりないと思います」と猛省。「普段から支えている周囲の方にはとても多くの心配をおかけしました。何より家族、相手の女性を深く傷つけてしまったことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

 参議院選挙中は各政党から出演者を招き、政策について切り込むスタイルのインタビューを放送していただけに、荻上氏にとっては間の悪い報道になったが、「こういうプライベートのことで番組のクオリティーが落ちたら、そっちの方がリスナーの皆さんはがっかりすると思う」とパーソナリティーとしての本分は果たすとリスナーに約束し、番組の本編に入った。

 TBSラジオは、この日の番組前に行われた定例会見で、入江清彦社長が、「報じられたことだけを受けて降板していただくとは考えておりません」と発言している。

 【荻上チキ】 おぎうえ・ちき。兵庫県明石市生まれ。東京大大学院学際情報学府修士課程修了。評論家、電子マガジン「シノドス」編集長。著書に「未来をつくる権利」「僕らはいつまで『ダメ出し社会』を続けるのか」など。

最終更新:7月6日(水)22時59分

デイリースポーツ