ここから本文です

ZABADAK吉良知彦さん死去 56歳

デイリースポーツ 7月6日(水)23時40分配信

 音楽ユニット「ZABADAK」のボーカル&ギターの吉良知彦さんが3日に亡くなったことが6日、明らかになった。56歳。公式サイトで公表された。葬儀は親族と近親者のみですでに営まれ、8月7日にファンとのお別れの会を開く。

 公式サイトには、ボーカル&アコーディオンの小峰公子から「ファンのみなさまへ」と題し、吉良さんの訃報を伝える文面が掲載された。小峰はプライベートでも吉良さんのパートナーで、「吉良知彦が去っても、zabadakの音楽がこれまでと変わらずに、皆さまのなかに生き続けることを心から願っています。」とつづった。

 吉良さんは今年3月の30周年記念コンサートの際に体調を崩し、約1カ月程療養していた。その後、5月末からの京都、神戸、名古屋、山梨ツアーに参加。今秋には吉良さん本人の企画で、ギタスズ関西と東北ツアーなども決定しており、「これからの本格始動に向け、意欲的に準備を進めていた矢先の出来事でした」(公式サイトより)という。

 ZABADAKは1986年に吉良さんを中心に、上野洋子、松田克志の3人でデビュー。87年に松田が、93年に上野が脱退。吉良さんのソロユニットとなる。その後、演劇集団キャラメルボックスの音楽を担当。テーマ曲など多数の楽曲を手がける。2011年にはプライベートでも吉良さんのパートナーである小峰が正式にメンバーとして加入した。

最終更新:7月6日(水)23時53分

デイリースポーツ