ここから本文です

野球の神様すらワクワクさせる中3スラッガーの挑戦記「ヤキュガミ」1巻

コミックナタリー 7月6日(水)22時45分配信

クロマツテツロウ原作による次恒一「ヤキュガミ」の1巻が、本日7月6日に刊行された。

「ヤキュガミ」は小柄な体格ながら抜群の野球センスを持つ球児・大輔と、自称・野球の神様が織り成す野球マンガ。大輔を「D・ロッド」と呼び、メジャーリーガーになれると力説する自称神様を、高校入学を機に野球を辞めるつもりの大輔は体良くあしらっていたが……。未来のスーパースターと、そんな彼を愛する自称神様の挑戦が描かれている。同作はヤングマガジン(講談社)にて連載中。

最終更新:7月6日(水)22時45分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。