ここから本文です

映画ONE PIECE、尾田栄一郎からのオファーは「マンガで描かないようなもの」

コミックナタリー 7月6日(水)23時29分配信

尾田栄一郎原作による映画「ONE PIECE FILM GOLD」の完成披露イベントが、本日7月6日に東京・お台場シネマメディアージュにて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントには、ルフィ役の田中真弓、ゾロ役の中井和哉、ナミ役の岡村明美、ウソップ役の山口勝平、サンジ役の平田広明、チョッパー役の大谷育江、ロビン役の山口由里子、フランキー役の矢尾一樹、ブルック役のチョーの麦わらの一味に加え、ギルド・テゾーロ役の山路和弘と、カリーナ役の満島ひかり、タナカさん役の濱田岳、バカラ役の菜々緒、レイズ・マックス役の北大路欣也が登壇した。

田中をはじめとしたアニメのレギュラー声優は、それぞれ自身の役になりきり挨拶する。かつてテレビアニメで主題歌を担当したFolder5の元メンバーでもある満島は、「16年ぶりに同じ作品に帰って来れたことが大変うれしいです。まさか自分が役者をやって、先輩たちの背中を見ながら仕事することがあるなんて予想していなかったです」と感動の面持ち。原作の大ファンである濱田は、「ルフィに『なんだお前』って言われるシーンがあるんですが、もう一度『なんだお前』って言われたくて、わざとNG出しちゃいたくなるぐらいの気持ちでした(笑)」とアフレコを振り返る。

その後明日7月7日が七夕であることにちなみ、登壇者たちは短冊に書いた願いごとを発表。麦わらの一味を代表し、「身長」と書かれた短冊を披露した田中は、声優陣から「今更伸びないでしょ!」とツッコミを浴びた。満島は「カリーナのおっぱいを一度体験してみたい」とコメントし、「こんなにおっぱいが大きくなったことがないから、どんな感じで人との距離感を取るんだろうって考えちゃいました(笑)」と独自の視点から語る。また菜々緒も満島同様に、「バカラのような体になれますように」と書かれた短冊を取り出す。田中がすかさず「いやいや、菜々緒さんの体になりたいですよ!」と発言すると、満島は「田中さん、私のときはそう言っていただけませんでしたね……」とこぼした。

イベント後には劇場内にて舞台挨拶も実施され、宮元宏彰監督を加えた15名が登場。宮元監督は尾田から「自分がマンガで描かないようなものが観たい」と伝えられていたことを明かし、「『そんなのできるわけないじゃん』と思っていたんですが、優秀なスタッフと、素晴らしいキャストのみなさんの力を結集して、最高のエンタメ映画ができたんじゃないかと思っています」と力強く宣言する。また本作のアフレコで、久々に全員が集合したという麦わらの一味のメンバー。田中が「本当に会っていなかったんです。写真撮りまくりました」と回想すると、長らくアニメで出番のなかった平田は「毎週テレビ楽しく拝見してます。手に汗握りながら楽しんでました」と返し会場の笑いを誘った。

映画「ONE PIECE FILM GOLD」は7月23日に全国ロードショー。7月16日には映画の前日譚にあたるアニメ「ワンピース ~ハートオブ ゴールド~」がフジテレビ系にて放送される。

(c)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

最終更新:7月6日(水)23時29分

コミックナタリー