ここから本文です

【MLB】田中が8回途中無失点で今季6勝目、ヤンキース打線は今季最多20安打!

ISM 7月6日(水)16時49分配信

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が現地5日、敵地で行われたシカゴ・ホワイトソックス戦に先発登板。7回2/3を6安打、1四球、6三振、無失点の好投で今季6勝目(2敗)を挙げた。ヤンキースは9対0で勝利。

 田中は2回、ブレット・ローリー二塁手、アレックス・アビラ捕手に連打を許して1死二、三塁としたが、後続を空振り三振、レフトフライに仕留め、この日最大のピンチを乗り越える。3回以降は安定した投球を見せ、8回2死からセンターへのヒットを打たれたところで降板した。

 一方の打線は今季最多の20安打を記録するなど爆発し、2回から5回まで毎イニング得点を重ねた。チェース・ヘドリー三塁手が7号2ランを含む3安打、2打点、リードオフマンのブレット・ガードナー外野手が6打数4安打で貢献した。

 ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は「今日は選手みんなが良くバットを振れていてチャンスをものにしていたし、全員が貢献した。素晴らしいことだ」と、打線を褒め称えていた。(STATS-AP)

最終更新:7月6日(水)16時49分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。