ここから本文です

【MLB】前田、5回途中4失点で6敗目 「苦労しているように見えた」とドジャース監督

ISM 7月6日(水)17時30分配信

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が現地5日、本拠地で行われたボルティモア・オリオールズ戦に先発登板。4回0/3を7安打、3四球、5三振、4失点の内容で今季6敗目(7勝)を喫した。ドジャースは1対4で敗戦。

 4回まで毎回ランナーを背負うも、1失点に抑えていた前田。しかし5回、先頭のアダム・ジョーンズ外野手にセンターへのヒットを打たれると、続く金賢洙外野手に四球を与えて無死一、二塁のピンチに。迎えたマニー・マチャド三塁手に19号3ランをレフトスタンドに叩き込まれ、降板となった。

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は「ケンタは初回から苦労しているように見えた」とコメント。「速球がコントロールできていなかったね。メジャーの打者たちをうならせなければならない」と語った。(STATS-AP)

最終更新:7月6日(水)17時30分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。