ここから本文です

春本由香、兄・尾上松也との初共演に喜び「役者として尊敬できる方」

オリコン 7月6日(水)18時53分配信

 今年1月に歌舞伎から劇団新派に入団し、9月に大名跡「2代目喜多村緑郎(ろくろう)」を襲名する元歌舞伎俳優の市川月乃助(47)の襲名披露公演の成功を祈願するお練りが6日、東京・浅草寺で行われ、歌舞伎俳優・尾上松也(31)の妹・春本由香(23)も参加した。

【動画】市川月乃助、新・喜多村緑郎として決意表明

 ファンから新たな屋号など、多くの声援を浴びると気さくに手を振り、交流を深めていた市川。襲名について「なかなかピンときません。30年余り市川の姓を名乗ってきましたが、こうして歩かせていただいて、一抹の寂しさもあります」と心境を告白。しかし大勢のファンを前にして「本日ここでその寂しさを拭い去って、新・喜多村緑郎としてこれから必死に精進していく覚悟です」と決意表明した。

 一方、春本は同公演で初舞台を踏み「顔が似ているとよく言われる」という兄・松也と初共演する。「(劇中で)絡みはそんなにないけど、共演させていただけるのはうれしい。精一杯やらせていただきます」と笑顔で意気込み「役者として尊敬できる方ですし、人として兄としても頼れる、憧れる存在」と羨望の眼差しを向けていた。

 お練りにはそのほか、女優の水谷八重子(77)、波乃久里子(70)も参加。襲名披露公演は9月1日から11日まで東京・新橋演舞場、17日から25日まで大阪・松竹座で上演される。

最終更新:7月7日(木)10時25分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。