ここから本文です

マツコ・デラックス、初の上半期CM女王に 男性は相葉雅紀がV3

オリコン 7月7日(木)10時30分配信

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは7日、『2016上半期タレントCM起用社数ランキング』を発表した。男性部門は、人気グループ・嵐の相葉雅紀が12社で3年連続の1位。女性部門は、タレントのマツコ・デラックスが12社で初の上半期女王に輝いた。

【ランキング表】男女別CM起用社数TOP10(文章下)

 昨年は年間王者にも輝いた相葉は、嵐としてキリンビール、日本航空、日本郵便などのCMに出演。個人では池田模範堂、エバラ食品工業、カルビーなど爽やかなイメージにピッタリなCMに出演し、堂々のV3を達成した。

 男性部門の2位には、同じく嵐の櫻井翔と二宮和也、そしてプロテニスプレーヤーの錦織圭選手が11社でランクイン。3位は嵐の松本潤が10社、4位は嵐の大野智とテニス解説者でタレントの松岡修造が9社で並び、上位は嵐とテニス関係者が独占した。

 そのほか、昨年のラグビーワールドカップの活躍で一気に注目を集めた五郎丸歩選手や、女優の北川景子と結婚し家庭的な一面も魅力となった歌手でタレントのDAIGO、映画とドラマで大活躍し「au」三太郎シリーズの“鬼ちゃん”でも注目を集めた俳優の菅田将暉らが、7社に出演で6位に初ランクインした。

 女性部門で初めて首位になったマツコは、昨年の5位(7社)から大きく上昇。NTTコミュニケーションズ、花王、昭和西川、タイガー魔法瓶、トヨタ自動車など、その強烈なキャラクターを生かしながら、親しみやすいお茶の間の顔として人気を見せつけた。

 2位は、11社に出演した女優の有村架純と広瀬すず、そして大ブレイクで初のランクインを果たした吉田羊の3人。モデルで2014年の年間女王のローラが10社で3位、昨年の年間女王の女優の上戸彩をはじめ、綾瀬はるか、桐谷美玲、松岡茉優もの4人が9社で4位に入った。

■2016上半期タレントCM起用社数ランキング(同順位は50音順)
◇男性部門
1位 12社 相葉雅紀(嵐)
2位 11社 櫻井翔(嵐)、錦織圭、二宮和也(嵐)
3位 10社 松本潤(嵐)
4位 9社 大野智(嵐)、松岡修造
5位 8社 西島秀俊、松重豊
6位 7社 阿部寛、小栗旬、五郎丸歩、菅田将暉、DAIGO、玉木宏、妻夫木聡、向井理

◇女性部門
1位 12社 マツコ・デラックス
2位 11社 有村架純、広瀬すず、吉田羊
3位 10社 ローラ
4位 9社 綾瀬はるか、上戸彩、桐谷美玲、松岡茉優
5位 8社 石原さとみ、木村文乃、武井咲、山本美月
6位 7社 杏、菅野美穂、平祐奈、菜々緒、本田翼、宮崎あおい、渡辺直美、吉田沙保里

【調査概要】
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2016年1月1日~6月30日
対象局:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区オンエア分)
備考:番組宣伝や本人出演のCD/DVD・着うた・映画CMなどは除く
(すべてニホンモニター調べ/同社サイト:http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2016/0707.html)

最終更新:7月7日(木)14時9分

オリコン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。