ここから本文です

AKIRA&岩田剛典、熱い役者論をクロストーク 互いのリスペクト明かす

オリコン 7月7日(木)0時0分配信

 人気グループ・EXILEのAKIRAと岩田剛典(兼三代目 J Soul Brothers)が、7日発売の女性ファッション誌『InRed』(宝島社)8月号に登場。パフォーマーであり俳優としても活躍する2人が、役作り方法などの演技論やお互いの人柄について、熱く語り合った。

【写真】岩田剛典&AKIRAが所属するEXILE TRIBE

 EXILE TRIBEが総出演する映画『HiGH&LOW THE MOVIE』(16日公開)で、AKIRAは暴走するチーム・ムゲンの総長の琥珀、岩田はそんな琥珀を止めるかつての後輩・コブラを演じた。ドラマを含めて長く携わってきた作品だけに、「自信を持って世に送り出せます」とAKIRAが手応えをにじませると、岩田も「撮影が終わった時は、ものすごい大仕事を終えた感覚でした(笑)」と達成感を語った。

 今作が役者として初共演だった2人は、芝居を通して大いに刺激を与え合ったようで、「ガンちゃんでなかったら琥珀というキャラクターの最期のシーンは生まれなかったと思います」(AKIRA)、「同じ志を持ってやってきた先輩のAKIRAさんだからこそ思い切り芝居にぶつかっていけました」(岩田)と、お互いへのリスペクトも口にしている。

 同号にはそのほか、女優の松嶋菜々子、篠原涼子、歌舞伎俳優の中村勘九郎などが登場。表紙は女友の永作博美が飾っている。

最終更新:7月7日(木)0時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。