ここから本文です

菜々緒、お色気演技に苦戦「セクシーさが足りないのかな」

オリコン 7月6日(水)19時48分配信

 女優でモデルの菜々緒が6日、都内で行われた映画『ONE PIECE FILM GOLD』イベントに出席。映画オリジナルキャラクター・バカラ役を演じた菜々緒は、言わずもがな抜群のスタイルを誇るが、ナイスバディーを持つキャラクターの声優を務めるにあたり「監督にけっこう『もっと色っぽく!セクシーに!』と言われたので、私には色っぽさとセクシーさが足りないのかなと思った」と苦笑しながら反省した。

【集合&個別ショット】田中真弓ら…ワンピース声優陣が浴衣姿で登場

 これに対して、同席した宮元宏彰監督は「『ONE PIECE』は少年たちの夢を描いているので、もっと夢を出してって思いから『いやらしく』って…」としどろもどろ。同じくゲスト声優を務めた女優の満島ひかりも「私もけっこう『いやらしく』と言われた」と暴露すると、主人公・ルフィ役の声優・田中真弓やチョッパー役の大谷育江も「私も言われた!」と悪ノリして会場の笑いを誘った。

 満島の場合は「“新宿”っぽくなっているから“六本木”っぽくお願いします」と監督から指導を受けたと告白。宮元監督は「この映画としては、もう少し大人っぽい感じがほしいという意味」と弁解すると、サンジ役の平田広明からは「監督は新宿も六本木も熟知しているってこと?」と厳しいツッコミを受けていた。

 同作は、尾田栄一郎氏による人気漫画『ONE PIECE』の劇場版アニメ最新作で、総合プロデューサーも尾田氏自身が務め、ゲスト声優として満島、菜々緒のほか俳優・濱田岳、北大路欣也が出演。舞台あいさつにはこのほか、中井和哉、岡村明美、山口勝平、山口由里子、矢尾一樹、チョー、山路和弘が登壇した。

最終更新:7月7日(木)10時4分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。