ここから本文です

民放キー局の女性アナウンサーが“リオ五輪”に向けて団結 CMも制作

オリコン 7月7日(木)12時24分配信

 8月5日に開幕するリオデジャネイロオリンピック2016に向けた民放テレビ局の取り組みを説明する記者会見が7日、都内で行われ、キー局アナウンサー5人が五輪カラーの浴衣姿で登場し、大会に臨む選手たちへエールを送った。登壇したのは、徳島えりかアナウンサー(日本テレビ)、青山愛アナウンサー(テレビ朝日)、小林由未子アナウンサー(TBSテレビ)、秋元玲奈アナウンサー(テレビ東京)、宮澤智アナウンサー(フジテレビ)。

【個別ショット】浴衣姿で…短冊に願いを書いたアナウンサー陣

 この日登壇した5人のアナウンサーは、「リオまでとどけ地球の向こう側にエールを!」というコンセプトで制作されたCMでも共演している。徳島アナは「いつも取材の現場であって情報を交換したり、励まし合ったりしている同志のようなメンバー。撮影もすごく楽しかった」と、特にスポーツの現場ではアナウンサー同士、意外と交流があることを明かしていた。

 また、七夕にちなんだ願いごとをそれぞれ発表。女子レスリングを放送する日本テレビの徳島アナは短冊に「前人未到の4連覇」と書き、53キロ級の吉田沙保里選手にエール。

 テレビ朝日の青山アナは「リオで開幕ダッシュ」と、同局が5日放送する開幕直前スペシャル番組をPRしながら「日本の選手の皆さんがいいスタートを切れますように」と願った。

 TBSの小林アナは「女子マラソン 表彰台独占」と、福士加代子、伊藤舞、田中智美の3選手によるメダル独占を祈願。

 前回のロンドン五輪で、日本の卓球史上初となる団体での銀メダル獲得につながった準決勝の試合を思い出すと「いまでも泣ける」と“卓球愛”あふれるテレビ東京の秋元アナは4大会連続出場の福原愛選手、ロンドンでシングルスベスト4に進出した石川佳純への期待を込めて、「今度はシングルスで史上初のメダル」と短冊にしたためた。

 なお、民放の競技中継はフジテレビから始まり、柔道予選、競泳予選、柔道決勝の9時間半の超ロング生中継を敢行する。宮澤アナは、「柔道 金メダルラッシュで最高のスタートを」と日本人金メダル第1号の期待が集まる、柔道男子60キロ級の高藤直寿選手、女子48キロ級の近藤亜美選手の健闘を祈っていた。

 民放テレビ各局の主な放送スケジュールは、民放テレビ132社共同の公式動画サイト「gorin.jp」などに掲載。公式サイトでは、NHKと民放が放送しないほぼすべての競技、2500時間を超えるライブストリーミング配信(現地の音声のみ)も予定している。また、民放BS5局では地上波で放送された中継競技の見どころを編集して放送。12時間という時差の問題にも対応する。

最終更新:7月7日(木)12時59分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。