ここから本文です

評論家・荻上チキ氏、“二股・不倫報道”で謝罪 女性と交際も「現在は関係を解消」

オリコン 7月6日(水)22時10分配信

 評論家の荻上チキ氏(34)が6日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(月~金 後10:00)に出演。あす7日発売の『週刊文春』で一般女性との不倫が報じられていることについて、女性と交際していた事実を認めるとともに「私自身の浅はかさが引き起こしたこと」と謝罪した。

 荻上氏は専業主婦の妻との間に2人の子どもがいるが、報道では2015年夏頃から自身が主催する勉強会で知り合った一般女性と交際中としており、「一夫二妻生活」などと報じている。

 この日の番組冒頭「ネットなど一部ですでに報道されている、私の家族状況のことについてお話させていただきます」と切り出した荻上氏。「昨年夏、僕が(妻以外の)ほかの女性を好きになってしまったことから、離婚したい意志を妻に伝えた」と説明し「離婚協議を続ける中、妻とは別居するかたちとなり、その後しばらくたって(女性と)交際をすることになった」と語った。女性とは荻上氏が別居していた部屋で一緒に暮らしていたという。

 しかし、離婚協議を続ける中で「2人の子どもに会いづらくなること、連れ添った妻と別れる選択をすること」に葛藤するようになり、「悩みに悩んだ結果、女性との関係は解消しました」と現在はすでに交際していないことを告白。妻との今後については引き続き協議中であるとした。

 報道内容について「時系列や妻・相手の女性のことなど、一部事実とは異なる部分がある」としながらも、今回の騒動を「ひとえに私自身の浅はかさが引き起こしたことにはかわりない。周囲の方には多くのご心配をかけました」と謝罪。加えて「自分の家族、相手の女性を深く傷つけてしまった」と改めてお詫びの言葉を述べていた。

最終更新:7月7日(木)19時52分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。