ここから本文です

A9、将&沙我バースデー公演でカバーやレア曲を披露

BARKS 7月6日(水)17時24分配信

6月24日、7月5日に<A9 Saga&Show Birthday Feature Live 『SS』>が新宿ReNYにて行われた。

◆ライブ画像

ライブタイトル通りメンバーの誕生日に行われたこの2公演は、いつものライブとは一味違うスペシャルなライブとなった。

まずBa.沙我の誕生日である6月24日に行われた<-Saga side->では、登場SEからバースデーソングが流れるという、A9には珍しい演出。

その後披露された楽曲も、「カルマ」「ROSARIO」「檸檬」「4U」などここ最近では披露されることが少なかったレアなナンバーがセレクトされていた。これはもちろん沙我自身の選曲だ。曲間のMCでは、それらの各楽曲に対する思いや作られた当時のエピソードを思いのままに語る場面も。

さらにA9の楽曲だけでなく、沙我のお気に入りの邦楽、洋楽のカバーも披露された。L’Arc~en~CielやU2、斉藤和義など沙我が大きく影響を受けたという楽曲に、ファンは真摯に耳を傾けていた。

今回のライブは沙我の中でも特別なものになったらしく、最後には「今まで生きてた中で1番の日でした。」との言葉がオーディエンスに伝えられた。

7月5日はVo.将の誕生日。<-Show side->と題されたこの日は、開場中のBGMも将がセレクトするなど、ライブ全体を本人が演出していた。

一曲目はなんとL’Arc~en~Cielの「In the Air」。将が敬愛するバンドへのリスペクトを直球で表したまさかのオープニングに、ファンからは驚きとともに大きな歓声が上がった。

その後、自身が作曲した「SHADOWPLAY」、「KID」、「メビウス」が披露され会場は一気に将の世界に。さらにLUNA SEAの「RAIN」、Arctic Monkeysの「Brianstorm」などのカバー曲も披露された。

アンコールでは<A9 Saga&Show Birthday Feature Live 『SS』>の主役である将と沙我の2人だけでステージにたち、ONE OK ROCKの「Wherever you are」をアコギにのせてしっとりと唄い上げ、観客を魅了していた。

2daysの最後を飾った楽曲は、ライブの定番曲である「RAINBOWS」。この曲では会場全体を揺らすようなファンによる“Aジャンプ”が起こり、A9としての未来が示されるような締めくくりとなった。

A9は今後、8月1日の<V-NATION>をはじめ、さまざまなイベントへの出演が決定している。

さらに8月28日には12周年記念ライブ<A9 XII ANNIVERSARY LIVE"NO NAME" -名前は未だ無い->が新木場コーストで開催されることが決定している。この12周年記念ライブでは、普段のツアーではなかなか聞くことができない、2004-2005年に発表された楽曲が披露される予定だ。

<A9 XII ANNIVERSARY LIVE"NO NAME" -名前は未だ無い->

2016年8月28日(日) STUDIO COAST
OPEN 16:45 START 17:30
チケット一般発売:7月23日(土)

最終更新:7月6日(水)17時24分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。