ここから本文です

坂本真綾、7月アニメ『あまんちゅ!』OP曲&ライブアルバムから映像到着

BARKS 7月6日(水)18時59分配信

坂本真綾が7月27日に発売するニューシングル「Million Clouds」より、ミュージックビデオ(Short ver.)を公開した。本楽曲は7月アニメ『あまんちゅ!』のオープニングテーマに決定している。

◆坂本真綾 画像

シングル表題曲「Million Clouds」は、スウェーデンの歌姫Frida Sundemoの描き下ろしによる極上の爽やかチューン。M2「ロマーシカ」は原点回帰とも言えるどこか懐かしさを感じさせる坂本真綾自作曲となった。M3「DIVE feat.GONTITI」は、ファン人気の非常に高い楽曲・菅野よう子1998年作「DIVE」を、ギターデュオGONTITIのサウンドプロデュースによりセルフカヴァー。ボーナストラックには、ゆったりとしたサマーチューン「はじまりの海」のライブテイクを収録する。

また、ニューシングルと同じ27日に発売されるライブCDアルバムから、初回限定盤特典のDVD映像(ライブツアー密着映像)のダイジェストも公開された。実際の特典ではライブ当日の舞台裏から、ライブ本編のレア曲数曲分のステージ映像、後日インタビューまでを収録した20分超の濃密映像になるとのことだ。

ライブアルバム『LIVE TOUR 2015-2016 “FOLLOW ME UP”FINAL at 中野サンプラザ』は活動20周年の集大成<坂本真綾 LIVE TOUR 2015-2016 “FOLLOW ME UP”>の最終日、中野サンプラザ公演(2016年2月7日)の音源を収録したもので、自身初となる2枚組ライブアルバム。最新アルバム「FOLLOW ME UP」のナンバーを中心に、ふだんはライブで披露しない曲も織り交ぜた選曲で、豪華ミュージシャンによる演奏も聴きどころのひとつだ。映像商品のリリースは無いため、このアルバムがライブの全貌を知る唯一のアイテムとなる。

また、初回限定盤のみ、密着映像DVDに加え豪華ミニフォトブックが付属する。

ニューシングル 「Million Clouds」
VTCL-35235 \1,400+tax

1.Million Clouds(TVアニメーション「あまんちゅ!」オープニングテーマ)
作詞:坂本真綾 作曲:Frida Sundemo 編曲:河野伸
2.ロマーシカ
  作詞・作曲:坂本真綾 編曲:河野伸
3.DIVE feat.GONTITI
  作詞:岩里祐穂 作曲:菅野よう子 編曲:GONTITI
4.Million Clouds ~Piano Ver.~
ピアノ演奏 : 河野 伸
-Bonus Track- 
5. はじまりの海 ~Live Ver.~
作詞・作曲:大貫妙子 編曲:河野伸  
※2016年2月6日中野サンプラザホールにて収録

◆TVアニメ「あまんちゅ!」
アニメ『ARIA』シリーズを大ヒットさせ、多くのファンが新作を待ち望んでいた、原作:天野こずえ×総監督:佐藤順一のタッグによる今夏期待の「日常、ときどきダイビング」アニメ。7月放送開始。  オフィシャルサイト:http://amanchu-anime.com/ 

ライブアルバム『LIVE TOUR 2015-2016 “FOLLOW ME UP”FINAL at 中野サンプラザ』
・初回限定盤(2CD+DVD):VTZL-121 \4,000+tax
・通常盤(2CD):VTCL-60431~60432 \3,300+tax

収録曲
■Disc1
01.FOLLOW ME
02.Gift
03.SONIC BOOM
04.Be mine!
05.さなぎ
06.アルコ
07.Waiting for the rain
08.ちびっこフォーク
09.君の好きな人
10.That is To Say
11.DIVE
12.セクレアール
13.Tシャツ
14.まだうごく
15.レプリカ

■Disc 2
01.Hello
02.幸せについて私が知っている5つの方法
03.色彩
04.Life is good
05.プラチナ
06.かすかなメロディ
07.アイリス
08.シンガーソングライター
09.卒業写真
10.マジックナンバー
11.これから
12.ポケットを空にして

ライブアルバムの音源試聴も開始。
http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/-/Discography/A008957/VTZL-121.html

最終更新:7月6日(水)18時59分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。