ここから本文です

ブリンク182、飛行機恐怖症のトラヴィスのために船購入を検討

BARKS 7月7日(木)12時37分配信

2008年に起きた飛行機事故以来、飛行機恐怖症になったトラヴィス・バーカー(Dr)のためにブリンク182は船の購入を検討しているそうだ。

◆ブリンク182画像

マーク・ホッパス(Vo/B)は、英国の新聞『Daily Star』紙にこう話したという。「検討しているところなんだ。実現したらいいなと思っている。トラヴィスは、LAから船を出せるか調べている。すごく長い旅になるね」

トラヴィスは、それは気にならないそうだ。現在もヨーロッパを訪問する際はNYから船を使用している。「ヨーロッパでツアーをやるときは、俺はUKまでクイーン・メリー(客船)に乗っている。LAからNYまで6日間バスに乗り、そこから11日間船だ」

トラヴィスは2008年9月、ライブの後搭乗した小型機が離陸に失敗し炎上。腰から足、手などに重度の火傷を負った。同乗していた彼のアシスタント、警備員、操縦士ら4人が亡くなり、生存者はトラヴィスと彼のコラボレーターDJ AMの2人だけだった。

ブリンク182は先週金曜日(7月1日)、7枚目のスタジオ・アルバム『California』をリリース。北米ツアーをスタートした。

5年ぶりの新作『California』はトム・デロング脱退後、マット・スキバを迎え制作した初のアルバムとなる。

Ako Suzuki

最終更新:7月7日(木)12時37分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。