ここから本文です

ピクシーズ、9月にニュー・アルバムを発表

BARKS 7月7日(木)12時38分配信

ピクシーズが9月にニュー・アルバム『Head Carrier』をリリースすることを発表した。彼らの新作は、23年ぶりにリリースされた『Indie Cindy』(2014年)以来。今回は2年しか開かなかった。

◆ピクシーズ画像

6枚目のスタジオ・アルバムとなる『Head Carrier』には、「Head Carrier」「Classic Masher」「Baal’s Back」「Might As Well Be Gone」「Oona」「Talent」「Tenement Song」「Bel Esprit」「All I Think About Now」、1stシングル「Um Chagga Lagga」「Plaster Of Paris」「All The Saints」の12曲を収録。今年初め、ロンドンでレコーディングしたそうだ。アートワークは、80年代からバンドとコラボしてきたVaughan Oliverが手掛けた。

2013年にキム・シャタック(B)が脱退し、元ア・パーフェクト・サークル、ズワンのパズ・レンチャンティンが加入後、制作された初の作品となる。また、前作『Indie Cindy』が、2013~2014年にリリースされたEP3枚を合体したものだったことを考えると、再結成後初めて、アルバムを作ることを目的に作られたアルバムとなる。

ドラマーのデイヴィッド・ラヴァリングは、レコーディング前に曲がすべて完成していたのは、バンド史上初めてだったとも話している。

『Head Carrier』は9月30日にCDデジパック、限定ボックス・セット、ヴィニール盤でリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:7月7日(木)12時38分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。