ここから本文です

モータ駆動の電気飛行機にシーメンスやエアバス、NASAが参入

投信1 7月6日(水)20時20分配信

シーメンスがモータシステム搭載小型機の初飛行に成功

2016年7月4日、ドイツの総合電機メーカーであるシーメンスは、同社のモータシステムを搭載した小型飛行機が約10分間の初飛行に成功したと発表しました。エンジンを代替する電気モータは、自動車の世界では開発が進んでいますが、飛行機の世界でも同様な動きが活発化していることを象徴するニュースとして注目されます。

ちなみに、飛行機本体はドイツの小型飛行機メーカーであるエクストラ・エアクラフト社の2人乗りアクロバット用軽飛行機(Extra 330LE)が使われ、エンジンの代わりに、シーメンス製の電気モータやインバータシステムが搭載されています。今後、両社は実用化に向けた実験に取り組む予定です。

シーメンスはエアバスとも飛行機用モータを開発

シーメンスは、エクストラ・エアクラフト社以外に、ボーイングと並ぶ大手飛行機メーカーであるエアバス・グループ(本社フランス)とも、飛行機用モータの開発に取り組んでいます。

両社は2016年4月に約200人のエンジニアを投入し、2020年までに電気もしくはハイブリッド技術を用いた機体の飛行試験を目指すと発表しています。また、2030年までに100席未満のハイブリット型旅客機の実用レベルの試作機をぜひ完成させたいとしています。

ちなみに、シーメンスは、創業年の1847年にちなんで「ネクスト47」と呼ばれる新規事業を立ち上げるための専門組織を今年10月に発足させる予定です。その専門組織で、AI、ブロックチェーン、自動運転といった新技術を差し置いて、まず第一弾として取り組まれるのが、エアバスと共同開発を行っている電気で飛ぶこの飛行機の開発です。

アメリカではNASAが「空飛ぶテスラ」を開発

こうした電気飛行機の開発の動きは、欧州に限ったものではありません。アメリカの米航空宇宙局(NASA)も、電気飛行機の開発に取り組んでおり、2016年6月には、14個のモータ駆動のプロペラを両翼に取り付けた新方式の電気飛行機「X-57(Maxwell)」を発表しています。

試験飛行はこれからですが、現地メディアでは、「空飛ぶテスラ」という表現で注目されています。また、パイロットの訓練飛行機を製造するエアロ・エレクトリック・エアクラフト社 も、電気モータによる訓練機の開発に取り組んでいます。ボーイングについては具体的な発表はありませんが、離陸時はエンジンで、飛行中は電力に切り替わる飛行機が開発中であることが報じられています。

1/2ページ

最終更新:7月6日(水)20時20分

投信1

チャート

日本電産6594
9262円、前日比-61円 - 9月30日 15時0分

チャート

三菱重工業7011
419.1円、前日比-11.4円 - 9月30日 15時0分