ここから本文です

堤真一×松雪泰子×黒木華×溝端淳平、魔女狩り題材の舞台『るつぼ』

CINRA.NET 7月6日(水)13時11分配信

舞台『るつぼ』が10月7日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。

【もっと大きな画像を見る】

『るつぼ』は、『ピュリッツァー賞』などを受賞した『セールスマンの死』などを手掛けたアメリカの劇作家アーサー・ミラーの戯曲。1962年にマサチューセッツ州セイラムで起きた、無罪の人間が死刑にされた魔女裁判騒動を題材に、1950年代の反共産主義運動に対する批判を表現した作品だ。

美少女アビゲイルと不倫をする主人公の農夫・プロクター役を演じるのは堤真一。プロクターの妻エリザベスに罠を仕掛けるアビゲイル役を黒木華、信心深いエリザベス役を松雪泰子、悪魔祓いの権威として招かれるヘイル牧師役を溝端淳平が演じる。

演出を手掛けるのは、イギリスのロイヤルシェイクスピアカンパニー出身のジョナサン・マンビィ。脚本は広田敦郎による新訳版となる。チケットは7月10日から販売開始。

CINRA.NET

最終更新:7月6日(水)13時11分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。