ここから本文です

<北朝鮮写真報告>亡命事件後の北朝鮮食堂を行く (写真3点)

アジアプレス・ネットワーク 7月6日(水)6時40分配信

4月上旬、中国浙江省寧波市にあった「柳京食堂」から13人の従業員が韓国に亡命する事件が発生した。

[関連写真を見る] 外国人が絶対に見られない平壌の裏通り 路地の女性たち

事件後の5月中旬に、韓国人旅行者によって撮影されたのが、紹介する写真だ。場所は北朝鮮と隣接する中国遼寧省丹東市にある「玉流酒店」である。

撮影者によれば、「玉流酒店」の従業員は15名程。この時は、寧波の事件にもかかわらず、テーブルを回って酒を注ぐなど、女性従業員たちの韓国人客に対する態度は悪くなかったという。

ただ、店内の隅には保衛部員(秘密警察官)と見られ若い男性がずっと立ち、客と従業員の接触を監視しているようだったという。

5月下旬に陝西省の北朝鮮食堂から3人が逃亡する事件が発生すると、店の対応は一変する。「玉流酒店」では、韓国人の入店を一切拒否するようになったという。(カン・チウォン)

最終更新:7月6日(水)6時40分

アジアプレス・ネットワーク