ここから本文です

福岡市の市税収入 3年連続最多更新

qBiz 西日本新聞経済電子版 7月6日(水)11時22分配信

 福岡市は5日、2015年度の市税収入額が前年度比0・7%増の2841億3800万円となり、3年連続で過去最高額を更新したと発表した。人口増や地価上昇により個人市民税や固定資産税が増収となったのに加え、滞納対策を強化したのが理由。

【福岡スタイル】ロンブー、ダウンタウンが大好きな街

 主な内訳は、個人市民税889億1100万円(同3・3%増)、固定資産税1099億6800万円(同1・0%増)、都市計画税226億4400万円(同1・0%増)など。滞納者の財産差し押さえを強化し、コンビニ納付などの環境整備を進めた結果、市税収入率(徴収率)が97・9%と過去3番目の高水準となったのも、税収増に一役買った。

西日本新聞社

最終更新:7月6日(水)11時22分

qBiz 西日本新聞経済電子版