ここから本文です

ブランビーズから新たな流出… WTBトマニは仏モンペリエへ

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 7月6日(水)13時2分配信

 昨年のワールドカップで準優勝だったオーストラリア代表のメンバー、WTBジョー・トマニ(26歳)が、今季かぎりでブランビーズを退団し、フランスのモンペリエに来季加入することが明らかになった。

南ア最優秀選手のデヤハー、来季のブルズ移籍決定!

 ラグビーリーグ(13人制)のスピードスターだったトマニは2012年に15人制へ転向し、ブランビーズ1年目から活躍して同年にオーストラリア代表デビュー。現在17キャップを持っている。同国ラグビー協会は、海外を拠点にしている選手で60キャップ未満の選手はナショナルチームの選考対象外としているため、フランスにいる間はワラビーズ(オーストラリア代表)には選ばれなくなってしまうが、代表復帰への強い思いを地元メディアに語っており、2019年ワールドカップ前にはオーストラリアに戻るとみられている。

 ブランビーズは現在、オーストラリア・カンファレンス1位で、プレーオフ進出へ向け、勝点で並んでいるワラターズと激しく争っている。ひざの負傷で約2か月間離脱していたトマニだがようやく回復し、今週末のブルーズ戦での戦列復帰が期待されている。

 ちなみに、ブランビーズのほかの主力では、主将のHOスティーヴン・モーアが来季からレッズの選手となり、SO/CTBマット・トゥームアはイングランドのレスター・タイガースへ移籍、FLデイヴィッド・ポーコックは来年のスーパーラグビー期間は休養することが決まっている。

最終更新:7月6日(水)13時2分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]