ここから本文です

【映像】「トラに睨まれた」 住居ビルで恐ろしい迷惑 中国(6月29日)

アフロ 7/6(水) 16:21配信

 「エレベーターを出た踊り場で、目を見開いたトラに睨まれた」。

 中国江蘇省太倉市(こうそしょう・たいそうし)の住宅街住居ビルで6月29日早朝、夜勤を終え帰宅した住人が踊り場に置かれたトラのぬいぐるみを本物のトラと見間違え、警察が出動する事態が発生した。
 通報を受けた警察は、エレベータの扉が開いた際にトラから攻撃されることを想定し、自転車を盾代わりに猛獣トラ(ぬいぐるみ)が居座る住居ビル4階の薄暗い踊り場に急行。微動だにしないトラ(ぬいぐるみ)を発見した。
 トラのぬいぐるみは4階の住人が玄関前の踊り場に置いたもので、傷んでしまったため朝にゴミとして捨てる予定だった。
 警察は4階の住人に「捨てる前のゴミを外に出さない」よう注意し現場を後にした。

(中国、江蘇省太倉市、6月29日 映像:Newsflare/アフロ)

最終更新:7/6(水) 16:21

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。