ここから本文です

セレナがパブリウチェンコワを下して準決勝進出 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月6日(水)0時24分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子シングルス準々決勝で、第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が第21シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を6-4 6-4で下してベスト4進出を決めた。試合時間は1時間12分。

36歳のビーナスが2009年以来の決勝まであと1勝 [ウィンブルドン]

 セレナは2010年の初対戦からパブリウチェンコワに6連勝。前回の対戦は昨年5月のローマ(WTAプレミア5/クレーコート)の2回戦で、セレナが6-1 6-3で勝っていた。

 ウィンブルドンには10年連続17回目の出場となるセレナ。昨年は決勝でガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-4 6-4で破り、6度目の優勝とグランドスラム通算21勝目を決めている。

 セレナは準決勝で、第19シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)とエレナ・ベスニナ(ロシア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 05: Serena Williams of The United States plays a backhand during the Ladies Singles Quarter Finals match against Anastasia Pavlyuchenkova of Russia on day eight of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 5, 2016 in London, England. (Photo by Adam Pretty/Getty Images)

最終更新:7月6日(水)0時24分

THE TENNIS DAILY