ここから本文です

弟が明かす、故ダイアナ元妃の素顔

ELLE ONLINE 7月6日(水)20時47分配信

今週初めに、チャリティ団体「ダイアナ・アワード」が開催したイベントに出席した故ダイアナ元妃の弟チャールズ・スペンサー伯爵。元妃がいつも子どもたちの幸せを願っていたことに触れ、「元妃のチャリティ精神の恩恵を最初に受けたのは自分だ」と振り返ったそう。

伯爵によると、「僕が小学校に初めて登校した日、ダイアナは授業中にソワソワしてしまって先生の言うことに集中できなかった」とか。理由は弟が心配だったから! 先生はそんなダイアナ元妃に「行って弟の様子を見ていらっしゃい」と言ってあげたそう。伯爵曰く「ダイアナは僕の教室にやってきて、僕の様子を確認したんだ。それから自分の教室に戻って先生に“彼は大丈夫でした!”って報告して席に着いた。彼女はいつもそんな風に年下の子たちに思いやりを示していた」そう。

慈善活動に熱心だったダイアナ元妃らしいエピソード! ちなみにこのチャリティ団体では、いじめ撲滅運動を進めているそう。そのキャンペーンビデオにはウィリアム王子が出演、「いじめは愚かで残酷で、さまざまな形を取りえるもの」とネット上のいじめ撲滅を訴えたとか。亡きダイアナ元妃の遺志は着実にウィリアム王子たちに受け継がれているよう。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7月6日(水)20時47分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。