ここから本文です

トヨタ、プリウスPHVにパナソニック製太陽光パネル採用-走行用電力をルーフで発電

日刊工業新聞電子版 7月6日(水)8時30分配信

 トヨタ自動車は2016年秋に発売するプラグインハイブリッド車(PHV)の新型「プリウスPHV」にパナソニックの太陽光発電パネルを採用する。新型プリウスPHVは車の屋根(ルーフ)に取り付けた太陽光発電パネルで発電した電力を走行に使うため、効率が高いパナソニック製を採用したとみられる。パナソニックは採用を機に、車載機器事業を拡大する。

 住宅屋根用に販売するパナソニック製「HIT太陽電池」180ワット分をガラスに挟んで、ルーフに取り付ける。HITは高温でも発電能力が低下しにくく、ルーフ上でも安定した発電を見込める。

 発電した電力は一時的にニッケル水素電池にため、走行用モーターを駆動させるリチウムイオン電池に送る。ハイブリッド車(HV)「プリウス」の旧モデルには他社製パネルを搭載し、発電した電力で車内の換気ファンを動かすオプション仕様があった。太陽光パネルを走行用電力に使うのは初めて。

最終更新:7月6日(水)8時30分

日刊工業新聞電子版