ここから本文です

ベスニナがチブルコバを倒してノーシードから4強入り [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7/6(水) 1:03配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子シングルス準々決勝で、エレナ・ベスニナ(ロシア)が第19シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-2 6-2で倒してノーシードから4強入りを果たした。試合時間は1時間16分。

ベスニナがマカロワとのロシア対決を制してグランドスラム初の8強入り [ウィンブルドン]

 ベスニナとチブルコバのウィンブルドンでの対戦は2009年の3回戦以来で、いずれもベスニナの勝利。前回は7-5 4-6 6-4でベスニナが勝っていた。今回の結果で通算の対戦成績は、ベスニナが4勝3敗と勝ち越した。

 ウィブルドンには2006年から11年連続出場となるベスニナは、2009年の4回戦進出がこれまでの最高成績。ダブルスではエカテリーナ・マカロワ(ロシア)とのコンビで昨年の大会で決勝進出を果たし、マルチナ・ヒンギス(スイス)/サーニャ・ミルザ(インド)に7-5 6-7(4) 5-7で敗れていた。

 ベスニナは準決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦する。セレナは準々決勝で、第21シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を6-4 6-4で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 05: Elena Vesnina of Russia celebrates victory during the Ladies Singles Quarter Finals match against Dominika Cibulkova of Slovakia on day eight of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 5, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7/6(水) 1:03

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています