ここから本文です

フェデラーvsチリッチ 全英準々決勝、過去5勝1敗<男子テニス>

tennis365.net 7月6日(水)1時56分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)6日、第3シードのR・フェデラー(スイス)と第9シードのM・チリッチ(クロアチア)の男子シングルス準々決勝が行われる。この試合は日本時間6日の21時(現地13時)から開始予定。

フェデラーvsチリッチ 1ゲーム速報

両者は今回が7度目の対戦で、過去はフェデラーの5勝1敗。唯一の敗戦は2014年の全米オープン準決勝で、その時はストレートで敗れた。

今大会、フェデラーは1セットも落とさずに3年連続のベスト8進出を果たしている。

一方、チリッチは2回戦で1セットを落とした以外は危なげなく勝利。4回戦では第5シードの錦織圭(日本)と対戦するも、錦織の途中棄権で3年連続の8強入りとなった。


【フェデラーvsチリッチ 過去の対戦】

<2014年>
全米オープン準決勝 M・チリッチ 6-3, 6-4, 6-4 R・フェデラー

W&Sマスターズ3回戦 R・フェデラー 7-6 (7-5), 6-7 (3-7), 6-4 M・チリッチ


<2012年>
上海マスターズ準々決勝 R・フェデラー 6-3, 6-4 M・チリッチ


<2011年>
全米オープン3回戦 R・フェデラー 6-3, 4-6, 6-4, 6-2 M・チリッチ

モンテカルロ・マスターズ3回戦 R・フェデラー 6-4, 6-3 M・チリッチ


<2008年>
BNPパリ・マスターズ3回戦 R・フェデラー 6-3, 6-4 M・チリッチ

tennis365.net

最終更新:7月6日(水)1時59分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。