ここから本文です

主力選手離脱で窮地に立たされたドイツ、準決勝の予想メンバーには未出場の若者も

theWORLD(ザ・ワールド) 7月6日(水)8時30分配信

最大4選手が欠場

ドイツはイタリア戦の勝利と引き換えにあまりに大きな代償を支払うこととなったようだ。

EURO準々決勝でイタリアをPK戦の末に退けたドイツ。しかしストライカーのマリオ・ゴメスはハムストリングの負傷で大会を離脱することが決定し、ケディラとシュヴァインシュタイガーも負傷により、次戦の出場が疑わしい状況だという。このような危機的状況にチームを率いるヨアヒム・レーヴ監督も嘆いている。独『Sport Bild』がコメントを伝えた。

「キープレイヤーが離脱することになって残念だ。特にマリオはね。彼は今大会ゴールという形だけでなくチームを助けていたんだ。我々は新たな状況でも解決策を見つけなければならない。層は厚いし、全選手に信頼を置いている。準備はできているし、フランス戦を楽しみにしている」

また、上記の3選手に加え、フンメルスも累積警告によりフランス戦に出場することはできない。そのため、独『Bild』はスタメンにヘベデスが入るとし、ボランチには今大会未出場のユリアン・ヴァイグルが入ると予想している。開催国フランスが相手だけに大きな重圧がかかることが考えられるが、ドイツはこの逆境をはねのけることができるのだろうか。

以下はフランス戦の予想メンバー。

ドイツ
GK:ノイアー
DF:ヘクター、ボアテング、ヘベデス、キミッヒ
MF:ヴァイグル、クロース
MF:ミュラー、エジル、ドラクスラー
FW:ゲッツェ

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月6日(水)8時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。