ここから本文です

悲しみも大歓迎......つらさや痛みも糧に歌を届けるシンガー、ななみが“暗闇の中の光“を照らす/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 7月6日(水)12時4分配信

10代で経験したイジメ、引きこもりについて隠さず語り、つらい経験も音楽に昇華して歌うシンガー、ななみが7月6日に2ndアルバム『Light in the Darkness』をリリースする。傷ついた心を音楽に助けられてきたななみは、今や自身の音楽でリスナーを勇気づける立場になった。10代の頃の夢も叶(かな)い、8月から10月には“白と黒の世界“と題したツアーも決定した、ななみの新たな目標とは?

7月6日発売『Light in the Darkness』リード曲「サイレン」>>

■昔のフォトアルバムのような2ndアルバム

「今回のアルバム『Light in the Darkness』は、いろんな要素を詰め込んだと言うよりは、自分が持っている1つ1つの世界観を1曲1曲に分けて、それぞれストイックに突き詰めました。すごく前に作った曲をたくさん収録したので、今とは違う人格の時に作った曲も入っています(笑)。個人的には昔のアルバム写真をめくっているような感覚ですね。すごく心が楽しいと思える楽曲ばかりになりました。デビューしてからいろんなことを学んで成長して、ちょっと隙を出すような歌い方にもトライしています」

■作ったことを後悔した曲『サイレン』

「アルバムのリード曲『サイレン』は、上京したての2年前くらいに渋谷のスクランブル交差点で感じたことが反映されています。その頃は“助けて“と叫びたい気持になることもありました。私たちの世代は歌詞にある“防空壕“にこもったことはないんですが、外に出られないくらい自分の心の中に閉じこもっていた状況を表現したくて“防空壕“という言葉を使いました。すごく傷ついていたことも伝えたくて、武器の名前も出しています。この曲は、ボーカロイド(音声合成技術)のイメージで作っていたので人間が歌うにはすごく難しくて、レコーディングのとき、作ったことを一番後悔しました(笑)。へこみながら工夫して何回も歌って完成できました」

■10代の夢が叶(かな)った瞬間

「今回のアルバムには、作曲家の澤野弘之さんの曲でテレビ朝日系テレビアニメ『機動戦士ガンダムユニコーンRE:0096』の1stエンディングテーマにゲストボーカルで参加した『Next 2 U』のオリジナルVer(Aimerさん Ver)をカバー収録させていただいております。澤野さんは子どものころから大好きで、10代のとき、東京まで澤野さんのライブを見に1人で行ったこともあるくらいなんです。一緒にレコーディングしているところも勝手に妄想していました(笑)。澤野さんには本当に好きで聴いてきたというのが伝えられて、『できあがったCDは墓場にも持っていきます!』と口走ったほど信じられないくらい幸せな瞬間でした。ガンダムのテーマと言うことで、私のおばあちゃんにも説明しやすかったですし(笑)。年上のファンや地元のリアルタイムにガンダム好きだった方たちにもすごく喜んでもらえました」

1/3ページ

最終更新:7月6日(水)12時4分

トレンドニュース(GYAO)