ここから本文です

夏は献血用血液が不足 品川グループ 献血呼びかけ/富山

チューリップテレビ 7/6(水) 9:43配信

 輸血用の血液が不足しがちな夏を前に、自動車ディーラーを展開する品川グループの社員が献血を呼びかけるキャンペーンを今年もスタートさせました。
 この献血キャンペーンは、品川グループが社会貢献の一環として毎年実施しているもので、今回で10回目です。
 5日は、富山市のネッツトヨタノヴェルとやまY-town山室店の駐車場に2台の献血車が設置され、従業員が仕事の合間に献血を行いました。
 県赤十字血液センターによりますと、手術では平均800ミリリットルの血液を必要とするため、安全性のリスクから400ミリリットルの献血を呼びかけています。
 献血は、今月8日までのキャンペーン期間中に県内の他の店舗でも実施され、一般の人も献血することができます。

チューリップテレビ

最終更新:7/6(水) 9:43

チューリップテレビ