ここから本文です

あなたは経験あり?「コインパーキングで違うクルマの精算」都市部では5人に1人が経験

オートックワン 7/6(水) 11:58配信

JAFは6月21日(火)~30日(木)の10日間、JAFホームページ内で「コインパーキングでの精算に関するアンケート」を実施し、その集計結果をまとめ、発表した。

>> アンケート結果

このアンケートは、「他の人の車の駐車料金を精算してしまったことがあるか」などコインパーキングの精算についての調査を行ったもので、4万1,877件(有効回答数)の回答が得られた。

そのうち、他の人の車の駐車料金を精算してしまったことがあるドライバーは全国で13.6%。特にコインパーキングの利用機会が多いと思われる都市部(東京・大阪・福岡)では、約20%にのぼった。

誤って精算してしまったことがあると回答した方のうち、その理由として「駐車枠番号の覚え違い/見間違い」と回答した方は58.3%、またその後の対応としては「改めて、自分の車の精算をした」が77.9%と最も多い結果となった。中には「間違って精算したクルマのドライバーを待った」という方もいた。

フラップ板が上がったままクルマを発進させて救援依頼も

JAFロードサービスでは、 5月の1ヶ月間ドライバーから寄せられた救援依頼のうち15件がコインパーキングでフラップ板が上がったまま車を発進させようとしたと思われるトラブルだった。

無理に車を発進させようとすると車体がフラップ板に引っかかり動けなくなったり、 場合によっては車体下部の燃料タンクを破損させ燃料が漏れてしまい、 重大な事故につながりかねない。

JAFでは、 コインパーキングから車を発進させる際は、 フラップ板が下がっているか慎重に確認するようドライバーに呼びかけている。

最終更新:7/6(水) 11:58

オートックワン