ここから本文です

7月は円安・株高への反転相場の起点となる鍵がある

マネーの達人 7月6日(水)5時15分配信

6月24日の英国ショック安からの戻りを試す展開となった翌週の株式市場は、英国FTSEが離脱前の水準を上回って年初来高値を更新し、NYダウも下落幅の9割まで戻しました。

一方、日経平均は5日連続高したものの、24日の下落分1286円の6割弱しか埋め切れず、特に6月は米国雇用統計の悪化や英国のEU離脱というイベントに当事国以上に振り回され、欧米主要国の株価から大きく劣後する結果となりました。

ただ、日本株だけが欧米株のパフォーマンスと大きくかい離している現状は異常であり、その理由が投機筋主導の円買いだとすれば修正余地は大きく、7月は円安・株高への反転相場の起点になる可能性があります。

オプション市場では円買いが減少傾向

年初から半年間の日経平均の騰落率は▲18.1%と、英国FTSE △1.9%、NYダウ△2.9%、ドイツDAX▲9.9%から大きく劣後し、世界の主要市場ではイタリアに次ぐ下落率となっています。

さらに、米雇用統計の予想外の悪化や利上げ見送り、日銀の金融政策の現状維持、英国のEU離脱といった大きなイベントが相次いだ6月の1か月間でも、英国FTSE △2.1%、NYダウ△0.8%、ドイツDAX▲5.7%に対し、日経平均は▲9.6%と際立った下落率となりました。

■円高・株安の負の連鎖が広がっている状況

こうした日本株だけが欧米株のパフォーマンスと大きくかい離し、特に6月に顕著に出ている現状は異常であり、その理由がファンダメンタルズに基づかない投機筋主導の円高だとすれば修正余地は大きいと判断されます。

年初の1ドル120円台から約2割も円高が進行した結果、市場には企業業績の悪化懸念による円高・株安の負の連鎖が広がっている状況と言えます。

ただ、直近のドル円のオプション市場では、深刻な市場混乱の不安が薄れたとの見方を背景に円買いが減少傾向にあり、投機筋も今後円買いの理屈が乏しくなって、ボラティリティが低下すれば、反対売買の動きが活発化すると予想されます。

1/2ページ

最終更新:7月6日(水)5時32分

マネーの達人