ここから本文です

綿貫が3回戦へ、堀江/清水は初戦突破 [ウィンブルドン・ジュニア]

THE TENNIS DAILY 7月6日(水)7時30分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の大会8日目は、ジュニアの部の男女シングルス2回戦と男女ダブルス1回戦が行われた。

18歳のプロテニスプレーヤー綿貫陽介がスポンサー4社と契約

 シングルスの日本勢男子は、第6シードの綿貫陽介(フリー)がレフ・カザコフ(ロシア)を3-6 6-1 6-4で倒して2回戦を突破。3回戦では第11シードのジュラベック・カリモフ(ウズベキスタン)と対戦する。試合時間は1時間35分。

 男子ダブルスでは堀江亨(関スポーツ塾・T)/清水悠太(パブリックテニスイングランド)は1回戦に臨み、Olukayode AYENI(スロバキア)/エドゥアルド・グエル バルトリーナ(スペイン)を6-2 6-4で下して2回戦に駒を進めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【ジュニア男子シングルス2回戦】

○16綿貫陽介(フリー)[6] 3-6 6-1 6-4 ●13レフ・カザコフ(ロシア)

--------------------

【ジュニア男子ダブルス1回戦】

○21堀江亨/清水悠太(関スポーツ塾・T/パブリックテニスイングランド)6-2 6-4 ●22Olukayode AYENI/エドゥアルド・グエル バルトリーナ(スロバキア/スペイン)

--------------------

【ジュニア男子シングルス3回戦 組み合わせ】

16綿貫陽介(フリー)[6] vs 9ジュラベック・カリモフ(ウズベキスタン)[11]

--------------------

【ジュニア男子ダブルス2回戦 組み合わせ】

21堀江亨/清水悠太(関スポーツ塾・T/パブリックテニスイングランド)vs 24Benjamin SIGOUIN/ルイス・べッセルス(カナダ/ドイツ)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7月6日(水)7時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]