ここから本文です

台風1号 猛烈な勢力に発達 あす7日は沖縄へ接近

ウェザーマップ 7月6日(水)11時10分配信

 発達を続けている台風1号は、6日午前9時に「猛烈な」勢力となった。台風はあす7日から8日にかけて猛烈な勢力を維持したまま、沖縄の先島諸島に近づくおそれがある。先島諸島では、暴風や高波に警戒が必要だ。
 
 猛烈な台風1号は6日午前9時現在、フィリピンの東にあり、1時間におよそ35キロの速さで西北西に進んでいる。中心気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は80メートル。台風は猛烈な勢力を維持したまま西北西に進み、7日から8日にかけて先島諸島へ近づく見込み。比較的速い速度で接近するため、急に風が強まり、波も急に高まるおそれがある。

<暴風・強風>

 先島諸島ではあす7日明け方から強い風が吹き、八重山地方は夕方から暴風となり、8日明け方にかけて続く見込み。風が強く吹く前に、早めの台風対策が必要だ。
 
 ■予想される最大瞬間風速(あす7日)
  宮古島地方  30メートル
  八重山地方  35メートル

<高波>

 沖縄の沿岸の海域では、台風からのうねりが入っており、大東島地方では6日昼過ぎから、沖縄本島地方では夕方から、先島諸島では今夜はじめ頃から波が高くなる見込み。
 
 大東島地方では今夜遅くからしける予想となっており、先島諸島ではあす7日朝から大しけ、八重山地方ではあす夕方から猛烈なしけとなる。海上や海岸付近では、高波に厳重な警戒が必要だ。なお、先島諸島では8日にかけて大しけや猛烈なしけの状態が続く見込み。

 ■予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
          きょう    あす7日
  沖縄本島地方 3メートル   5メートル
  大東島地方  4メートル   4メートル
  宮古島地方  3メートル   8メートル
  八重山地方  3メートル   10メートル

最終更新:7月6日(水)11時29分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。