ここから本文です

土居美咲、四大大会初16強後は「日本に戻りボケーっとしたい」<女子テニス>

tennis365.net 7月6日(水)5時59分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で四大大会初のベスト16進出を果たした世界ランク49位の土居美咲(日本)は5日に自身のブログを更新し「一歩ずつ前進していると思います」と手応えを感じていた。

フェデラーvsチリッチ 1ゲーム速報

4日に行われた女子シングルス4回戦で、今年の全豪オープンを制した第4シードのA・ケルバー(ドイツ)に挑戦した土居は、得意のフォアハンドで果敢に攻め続けた。

しかし鉄壁守備ケルバーに3-6, 1-6で完敗し「彼女のディフェンスを崩しきる事ができませんでした」と振り返り「悔しいですが、また新たな壁を越えられるように精進していきたいと思います!」と意気込んだ。

今大会は1回戦でL・キリコ(アメリカ)、2回戦で第15シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)を破る金星をあげ、3回戦で同57位のAL・フリードサム(ドイツ)を下して「グランドスラムで初めてセカンドウィークに残る事ができました」と喜んだ。今回の16強進出は日本女子で2006年の杉山愛(日本)以来10年ぶりだった。

最後に「まずは日本に戻りボケーっとしたいと思います」とハードコート・シーズンやリオデジャネイロ・オリンピックへ向け、一旦日本に帰国することを綴った。

リオデジャネイロ・オリンピックは土居の他に日本勢から、男子世界ランク6位の錦織圭(日本)、女子世界ランク70位の日比野菜緒(日本)のシングルス出場が確定。また、女子ダブルスには土居/ 穂積絵莉(日本)組の出場が決まっている。

tennis365.net

最終更新:7月6日(水)6時5分

tennis365.net