ここから本文です

中居正広、街で声をかけられた際の対応明かす「ものすごく怖い顔で無視する」

トレンドニュース(GYAO) 7月6日(水)16時38分配信

SMAP・中居正広が、一般人に街中で声をかけられたときの自身の対応について、「ものすごく怖い顔で無視」するのだと明かした。

SMAP中居と木村の本当の仲は? 芸能記者が断言...>>

7月5日深夜放送のテレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」では、女優の小芝風花が「街中でもまったく気づかれない」という悩みを明かした。小芝に「声かけられますか?」と尋ねられた中居は、「ものすごく怖いオーラが出てますね。おまえ話しかけるなって。基本的に無視します。ものすごく怖い顔で無視します」とぶっちゃけた。

スタジオで小芝を一般人役に実演してみせたが、声をかけた相手を睨(にら)みつけて無言で立ち去る中居の姿に、スタジオからは悲鳴が上がる。中居は「20代後半からやってます」と明かした。ただナレーションでは「ツンデレ館長はこのくらいにして……」とまとめられており、ひょっとすると「無視する」というのは照れ隠しで、実際の対応はまた違うのかもしれない。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7月6日(水)16時38分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。