ここから本文です

泊高校フィールドワーク 地元の名所で魅力発見/富山

チューリップテレビ 7月6日(水)9時45分配信

 県内で唯一、観光ビジネスコースをもつ泊(とまり)高校では特色ある授業でふるさとを再発見です。
 観光ビジネスコースの生徒たちがフィールドワークと称して朝日町の名所をめぐり、観光資源の探索と町の魅力発見に取り組みました。
 フィールドワークに参加したのは泊高校観光ビジネスコースで学ぶ2年生24人です。
 この授業は、ふるさとの歴史と文化を体感するとともに、生徒たち自身が集めた情報をもとに各地を案内して情報収集と整理、紹介の仕方といったプレゼンのノウハウを実地で学ぶものです。
 5日は2000人から4000人の加賀藩の大名行列が通った境関所跡(さかい・せきしょあと)や、シャクナゲの名所としても知られる護国寺(ごこくじ)、ヒスイ海岸など朝日町の観光名所9か所を順にまわりました。
 生徒たちは、朝日町のガイドに携わる観光ボランティアから歴史などを教わりながら地域の魅力を探してはカメラにおさめていました。
 生徒たちはこのあと今月中に宿泊学習を予定していて、黒部川扇状地をめぐりながら水の循環と資源を学びます。

チューリップテレビ

最終更新:7月6日(水)9時45分

チューリップテレビ