ここから本文です

13か所訪問で電車トランプ完成 阪急・阪神・能勢電がクイズラリー開催へ

乗りものニュース 7/6(水) 14:00配信

各社沿線の13施設でクイズに解答

 阪急電鉄と阪神電鉄、能勢電鉄は2016年6月28日(火)、「家族でいっぱい遊び隊 夏休みクイズラリー」を開催すると発表しました。

 期間は7月16日(土)から8月31日(水)まで。各駅で配布するパンフレットに掲載されているクイズに、各社沿線の対象施設13か所を巡って解答するという企画です。

 クイズラリーの対象施設とその最寄り駅は、次のとおりです。

・神戸市立王子動物園(阪急神戸線・王子公園駅)
・甲子園歴史館(阪神本線・甲子園駅)
・六甲山カンツリーハウス(阪急神戸線・六甲駅、阪神本線・御影駅)
・神戸トリックアート不思議な領事館(阪急神戸線・神戸三宮駅)
・バンドー神戸青少年科学館(阪神本線・神戸三宮駅)
・神戸海洋博物館(阪神本線・元町駅)
・インスタントラーメン発明記念館(阪急宝塚線・池田駅)
・箕面公園昆虫館(阪急箕面線・箕面駅)
・妙見の森(能勢電鉄・妙見口駅)
・京都国際マンガミュージアム(阪急京都線・烏丸駅)
・嵐山モンキーパークいわたやま(阪急嵐山線・嵐山駅)
・ダイキンソリューションプラザ フーハ大阪(梅田駅)
・大阪市下水道科学館(阪神本線・淀川駅)

 クイズに正解すると各施設で、各社の主力車両がデザインされた「電車カード」4枚セット(先着1万9500人)と「Wチャンス応募シール」をプレゼント。それぞれの「電車カード」にはトランプとして遊べるように、数字とマークが入っています。特定の1施設では「ジョーカー」入りのセットが進呈され、全13施設を訪問するとトランプセットが完成します。

 さらに「Wチャンス応募シール」を使用してハガキで応募すると、抽選で各社が秋に開催するイベントへの招待や、座席シート生地を使用した特製クッション、鉄道グッズセットなどが当たります。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/6(水) 14:22

乗りものニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革