ここから本文です

全英ジュニア 相川組が2回戦進出、本玉・村松組は初戦敗退<女子テニス>

tennis365.net 7月6日(水)8時56分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は5日、ジュニアの女子ダブルス1回戦が行われ、相川真侑花(東京/ テニスユナイテッド)/ Y・In-Albon(スイス)組がE・Lazic(イギリス)/ E・Richardson(イギリス)組を6-2, 7-5のストレートで下し、初戦突破を果たした。

フェデラーvsチリッチ 1ゲーム速報

第7シードの本玉真唯(神奈川県/ S.ONEグリーンテニスクラブ)/ 村松千裕(千葉県/ 吉田記念テニス研修センター)組はM・Helgo(ノルウェー)/ I・Minca(ルーマニア)組に4-6, 3-6のストレートで敗れて1回戦敗退となった。

内藤祐希/ L・salden(ベルギー)組は6日の1回戦に挑む。

シングルスでは本玉が2回戦に臨むもA・Sanford(アメリカ)に3-6, 6-3, 1-6のフルセットで敗れ、3回戦進出とはならなかった。内藤と村松は初戦で敗れた。

男子はシングルスで第6シードの綿貫陽介(フリー)が3回戦進出、ダブルスでは堀江亨(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)/ 清水悠太(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)組が2回戦へ進出した。

tennis365.net

最終更新:7月6日(水)8時56分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。