ここから本文です

PK戦になるのだけはやめてくれ フランス代表GK「ドイツは本当にPKに強い」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月6日(水)10時22分配信

ノイアーとの対決は何とか避けたい

7日にEURO2016準決勝でドイツ代表と対戦するフランス代表は、何としても試合を90分、最悪でも120分の間に終わらせなくてはならない。PK戦にもつれ込めばドイツが少しばかり有利になるからだ。

ドイツの選手も準々決勝のイタリア代表戦ではPKをミスしていたが、何よりマヌエル・ノイアーの存在感は異常だ。5人のキッカーがミスなく決められる可能性は限りなく低く、ノイアーは必ず1本か2本は止めてくる。英『Daily Mirror』によると、フランス代表GKウーゴ・ロリスもドイツが本当にPK戦に強いと称賛しており、できる限りPK戦になる前に決着をつけたいとの考えを持っているようだ。

「彼らは本当にPKに強いよ。その時がくれば止めないといけないけどね。PK戦の練習をするのは困難だよ。なぜなら試合とは同じ雰囲気にならないからね。トレーニングではプレッシャーがかからないんだ」

「ドイツは非常に経験豊富だ。ワールドカップも経験しているし、優れた選手が多くいる。彼らはビッグトーナメントの準決勝や決勝で戦うことに慣れている。そして何より彼らは多くのトロフィーを獲得してきた。それでも僕たちは前を向かなくてはいけないけどね」

現代でノイアーよりPK戦を得意にしているGKは少なく、延長戦に入るようなことがあればプレッシャーはロリスにかかってくるだろう。ノイアーとPK戦を戦うケースは何としても避けたいところで、ロリスも自陣ゴールから味方が90分で試合を決めてくれることをいつも以上に期待している。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月6日(水)10時22分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]