ここから本文です

【MLB】田中将大、8回途中無失点の好投 6勝目の権利持って降板

Full-Count 7/6(水) 11:52配信

ホワイトソックス戦で好投見せた田中

 ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)の敵地ホワイトソックス戦で8回途中を6安打無失点と好投し、6勝目の権利を持って降板した。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 田中は初回、1死からイートンにヒットを許すも3番アブレイユ、4番カブレラと打ち取ると、2回は1死から連打を浴びて二、三塁のピンチを迎えたが、8番A・ガルシアをスプリットで空振り三振、9番シャックをレフトライナーに仕留めた。

 3回からの3イニングを1四球のみで切り抜けると、6回は1死からアブレイユ、カブレラと連打を許して一、二塁とされたが、5番フレーザーを一塁併殺に仕留める。

 ヤンキース打線も力投を見せる田中を援護。2回にベルトランのタイムリーなどで2点を先制すると、3回にはヘドリーの2ランで2点、4回、5回にも1点ずつを加点した。

 田中は7回を3者凡退に仕留めると、8回も2アウトとしたが、イートンにヒットを許したところで降板した。

 この日は7回2/3、103球を投げてストライクは71球。6安打6奪三振無失点という快投だった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/6(水) 12:04

Full-Count