ここから本文です

リリスク、シングル「サマーファンデーション」のMVティザー公開

MusicVoice 7月6日(水)20時18分配信

 ヒップホップアイドルのlyrical school(通称:リリスク)が、6日にリリースされる2ndシングル「サマーファンデーション」のMVのティザー映像を、YouTube上で公開した。メンバーのyumiは「香りを伝えられないのが残念」とMVについてコメントした。

 リリスクは、6月27日にシングル「RUN and RUN」でメジャーデビューを果たした。同楽曲の「スマホジャック縦型ミュージックビデオ」は、公開直後に話題が爆発。総再生回数は150万回を突破し、同MVはカンヌ広告祭のサイバー部門でブロンズを受賞するなど、いまもなお大きな話題となっている。

 メンバーが夜に手持ち花火を楽しんでいるシーンから映像はスタート。疾走感あふれるサマーファンデーションの楽曲と共に、綿飴やヨーヨー・お面・提灯といった「夏祭りの定番」アイテムも登場している。そして映像の中盤ではメンバーの振りに合わせ、後ろでド派手な打ち上げ花火が上がり、夜空を照らしているシーンが印象的だ。

 撮影直後、メンバーのmeiは「長かったようで実際あっという間でしたよね!」と述べ、yumiは「香りを伝えられないのが残念」と今回のMVに言及している。

 また、リリスクのオフィシャルTwitterによると今回も「RUN and RUN」のMV制作チームとタッグを組んだとのこと。今回のMVは、2日に撮影されたばかりだという。

 「RUN and RUN」のスマホジャックMVが驚異のバズを引き起こし、今作もどんなギミックが仕掛けられているのか期待される。本編公開は9日の予定。

 リリース週の5日と8日に渋谷マルイ屋上で19時から開催されるミニライブ&特典会はメンバーが浴衣で登場する。なおサマーファンデーションの特設サイトもオープンされている。

最終更新:7月6日(水)20時18分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。