ここから本文です

フェデラー 最も「完敗喫した」以来のチリッチ戦へ<男子テニス>

tennis365.net 7月6日(水)10時54分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日に行われる男子シングルス準々決勝で、第3シードのR・フェデラー(スイス)が第9シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

フェデラーvsチリッチ 1ゲーム速報

フェデラーはチリッチとの対戦成績を5勝1敗としているが、唯一の敗戦が2014年の全米オープン準決勝で、その時はストレートで敗れていた。それ以来両者は対戦がない。

「そんな敗戦もあるもの。コートから振り払われたような試合だった。あそこまで完敗を喫した試合はこれまでなかった。でもあの試合では、彼(チリッチ)は素晴らしいサービスを打ち続けていたし、リターンも驚くほど良かった。だから彼が勝利に値していた。」とフェデラーは、悔しい完敗を認めていた。

その後の決勝戦でチリッチは錦織圭(日本)を下し、自身唯一のグランドスラム優勝を手にしていた。チリッチは今回、ウィンブルドンで初の準決勝進出を狙う。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月6日(水)10時54分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]