ここから本文です

初の準々決勝を戦うクエリー「ジョコビッチ戦のハイライトを繰り返し見直した」 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月6日(水)19時30分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の男子シングルス4回戦。

世界に衝撃! ジョコビッチのグランドスラム連勝に終止符 [ウィンブルドン]

 ウィンブルドンで2連覇中だった世界ナンバーワンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を倒したその驚くべき試合のあと、サム・クエリー(アメリカ)は周囲を失望させなかった。

 クエリーはまた、ふたたびよいパフォーマンスを見せ、その上昇気流を続けられるのか、人々が訝っていただろうということをしっかり意識してもいた。

「もし次の試合に勝たなかったら、多くの人々が『何だ、あの対ノバク戦は、ただのまぐれ当たりだったのか』と言っただろう」とクエリーは言った。

「舞い上がらず、しっかりとプレーができたということに関して、いい仕事をしたと感じている」。

 強力なサービスをフル活用して23本のサービスエースを奪い、一度しかブレークを許さず、世界41位のクエリーは二コラ・マウ(フランス)を6-4 7-6(5) 6-4のストレートで退けて、彼のキャリア初となるグランドスラム準々決勝に進出した。

 コート上で非常に気楽そうな様子を見せるクエリーは、カリフォルニア出身の28歳だ。リターンポジションでサービスを待っているときには、まるで何も考えていない様子でラケットをくるくる回したり、遊んで見せる。

「無意識に、自然にやってるに違いないよ」とクエリー。「というのも、そんなことをやってるとは知らなかったんだから」。

 3回戦で、ジョコビッチが目指していたグランドスラム連勝記録に、自らの手で終止符を打ったクエリー。

「たぶん僕はこれまで無頓着すぎて、リラックスしすぎていたときがあり、そのために多くの試合を落としてきたこともあったはずだ」と認めた。しかし、そのクールな姿勢が今大会では彼の役に立ってもいるようである。

「今週はあまりナーバスにはなっていない。そういうには、もう過ぎたかな」とクエリー。「ただ、のびのびとプレーして楽しみ、ビッグな試合をして、また勝てたらいいと思うよ」。

 準決勝に進むためにクエリーは、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を倒さなければならない。ラオニッチは4回戦で、第11シードのダビド・ゴファン(ベルギー)に4-6 3-6 6-4 6-4 6-4で挽回勝ちし、そのキャリアで初めて2セットダウンからのカムバックをやってのけた。

 2014年のウィンブルドンを含め、グランドスラムで2度準決勝に進出しているラオニッチに対し、クエリーは過去の対戦成績で2勝1敗とリードしている。

 クエリーがやりたくないと思っていることがひとつあるとすれば、それはジョコビッチに対する驚異的番狂わせを頭から追い出すことであるようだ。

「正直に言うよ。対ノバクの試合後、僕はあの試合のハイライトを繰り返し見直した」とクエリー。「僕はあの瞬間を死ぬほど楽しんだね!」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 04: Sam Querrey of The United States celebrates victory during the Men's Singles fourth round match against Nicolas Mahut of France on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 4, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月6日(水)19時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]