ここから本文です

ラオニッチがクエリーを下して2年ぶりの準決勝進出 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月6日(水)23時53分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス準々決勝で、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が第28シードのサム・クエリー(アメリカ)を6-4 7-5 5-7 6-4で倒して2014年以来となる2度目のベスト4進出を決めた。試合時間は2時間31分。

初の準々決勝を戦うクエリー「ジョコビッチ戦のハイライトを繰り返し見直した」 [ウィンブルドン]

 ラオニッチは2013年以降はクエリーに2連勝で、通算の対戦成績を2勝2敗のタイとした。ウィンブルドンでは2012年の2回戦で対戦し、クエリーが6-7(3) 7-6(7) 7-6(8) 6-4で勝っていた。

 ウィンブルドンには2011年から6年連続出場となるラオニッチは、グランドスラムでは1月の全豪オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)に続く3度目の4強入り。昨年の大会では3回戦で、ニック・キリオス(オーストラリア)に7-5 5-7 6-7(3) 3-6で敗れていた。

 ラオニッチはグランドスラム初のファイナル進出をかけた準決勝で、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)と第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 06: Milos Raonic of Canada plays a backhand during the Men's Singles Quarter Finals match against Sam Querrey of The United States on day nine of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 6, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月6日(水)23時53分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]