ここから本文です

ベルディヒ 順延により休息無く準々決勝へ「問題ないはず」<男子テニス>

tennis365.net 7月6日(水)17時43分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日に行われる男子シングルス準々決勝で、第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)が第32シードのL・プイユ(フランス)と準決勝進出をかけて対戦する。

今年のウィンブルドン男子シングルスでベスト8進出を果たした選手の中で、ベルディヒは唯一休息日を持たずに準々決勝へ臨む。

ベルディヒは4日に行われた4回戦でJ・ヴェセリ(チェコ共和国)と対戦したが、セットカウント2-2の時点で日没サスペンデッドとなり、勝敗を決めるファイナルセットは5日に再開された。

再開された試合でファイナルセット6-3で勝利したベルディヒは「回復ということを考えると、1セットだけで済んで良かった。練習をしただけのような疲労で済んでいた。それにはかなり慣れているし、毎日行っていること。だから問題はないはず。」と前向きなコメントをしていた。

22歳のプイユはグランドスラムの2週目を戦うこと自体が初めてだった。ウィンブルドンまでの芝での成績は0勝4敗だったが、今大会ではここまでの4試合全てで勝利を飾った。

プイユは「大会前は初戦突破が目標だった。」と、ここまでの勝ち上がりなど想像もしていなかったことを明かしていた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月6日(水)17時46分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]